localStorage(ローカルストレージ)を使う

localStorageとは

localStorage プロパティはローカルの Storage オブジェクトにアクセスすることができます。 localStorage は sessionStorage によく似ています。唯一の違いは、localStorage に保存されたデータには保持期間の制限はなく、sessionStorage に保存されたデータはセッションが終わると同時に(ブラウザが閉じられたときに)クリアされてしまうことです。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/Window/localStorage

使い方

Chromeの要素の検証から「Application」タブを選択しLocal Storageにて該当のURLになってるか確認後、keyとValueを入れる。

またはConsoleでlocalStorage.setItem(‘access_token’, 00001)と入れて打ったら変更可能。今私がやってる仕事はlocalhost叩くと他に転送されるので、設定にちょっと苦戦しました。

この記事を書いた人

466548

京都在住のAlexaとXDが好きな専業主婦です。
最近はAngularのコンポーネントを作ったりイラレで画面の仕様書作ったりXDでプロトタイプ作ったり人を煽るお仕事などがあります。