Githubをお仕事で使う時にこれ気をつけよう。

私は今まで仕事でBitbucketは使っても、Githubはコミュニティ活動では使ってもお仕事で使ったことはありませんでした。最近、ガチエンジニアさんが入ってるチームでお仕事するようになり、Githubのプライベートリポジトリを使ってお仕事をするようになりました。コードレビューしてもらったりする際に、教えてもらったことを自分でまとめたいと思います。

プライベートリポジトリのプルリク権限

Githubの公開しているリポジトリは自分のGithubにクローンして作業してから相手さんにプルリクすると思うんですが、プライベートリポジトリはcommit権限をもらわないとPushすることができません。新しい案件に入る際でコードを各作業をするときは権限の確認したほうがいいかもしれません。


プルリクのタイトルにissue番号を振ろう

コードレビューや確認をしてもらうためにissueにあがっている問題であればissue番号をタイトルに振ってあげるとissueを確認しながらレビュアーはチェックしてくれます。作業しやすいように心がけましょう。


要件ごとにブランチを切ろう

違う要件のものをこのブランチにいれてしまった時の私(イメージ図)

初心者だとmasterブランチでずっと生きていきたいと思うんですが、チーム間ではNGです。内容ごとにブランチ切って作業が良いかもです。そのほうがプルリクの情報が整理されます。最初はドキドキしましたが、一週間もすれば慣れました。


まとめ

実はまだまだ「Sourcetree」から脱せない私。黒い画面はなにやってるかわからなくて怖いんだけど、Sourcetreeならなにやってるのかフローチャート見えていいですよね。しばらくはこれでいこうかなー。

この記事を書いた人

466548

京都在住の専業主婦です。
最近はAngularのコンポーネントを作ったりイラレで画面の仕様書作ったりなお仕事です。