娘が保育園入園した時に思ったこと。(保活と願書出して)

娘、すくすくと育ってくれています。毎日毎日アップデートして娘の成長を喜ぶ毎日です。
このたび4月より保育園入園しました。そのときに思ったことをつれつれと。

保活いろいろ

妊娠中から娘を保育園に入れるということで家では話をしており、出産前より準備などしていました。できれば1才まで一緒に居たかったけど、1才で入園になると枠も狭まって厳しいという話を聞いて0才で入園を目指していました。けど、落ちるかもだからその時はその時で 「育休延長だーっ!」 という気分でした。

保育園見学

まずは保育園見学。私も旦那さんも保育園というものから遠い世界で生きてきたので、一緒に見に行くことにしました。「保育園ならどこでもいいから入ったらいいや」という気持ちになるかもですが、大切な子供を預けるので一度見に行ったほうが吉。

…けどな。一回行ったけどその日警報出て帰ってくださいと言われ、別日に変更して改めて行ったので大変だったなぁw
保育園見学では園の方針や保育園生活こんな感じという説明をしてくれたり、質問に対して色々答えてくれたりしました。選んだ保育園は幼稚園のように色々経験できるところだそうで、他の保育園見学考えてたけど「ここ一本で」という気持ちになってました。(説明してくれた先生は、旦那さんの姪っ子さんなどを受け持ってくれた先生らしいというのをあとで聞いたw見学後にお会いした際も大変よくしてくださいました。)

倍率2倍、さてどうしたものか

自治体で違うかもですが、保育園願書を区役所に提出した際「保育園見学されてないと出せませんけど行かれました?」って区役所の人に言われたりしました。うちらは行ってたので即提出。

集団面接に呼ばれ後日行ったのですが、希望してる園の0才枠なんと募集人数にたいして2倍以上の応募。わーお。
第二希望書いていたほうがいいですよ」って言われたけど、「落ちたら育休延長だー!!」と強い意志で第一希望しか書きませんでした。(内心ドキドキしてたけどw)。集団面接って人数調整というかそういうのあるのかなぁと思いつつ。ブレたけど娘の今後の事考えたら希望の園で行こうって強く思ってよかったよかった。

念のため家の近くの保育園にも見学。保育園の先生に聞いたらうちの地域の場合は「保育園選ばなかったら定員割れしてる保育園多いから入りやすい」、「4月入園だったら、ほぼ入れる(見学に行ったところは募集人数50人ってバーンとまとめて募集するから0才枠10人とかないんですって。)」だそうな。うち田舎みたいなものなんで、地域によって色々ちゃうんですなぁと。

保育園合格からの入園までの一ヶ月

京都府は入園結果通知遅いです。入園一ヶ月前に連絡がありました。決定してからの一ヶ月は娘の時間を大切にして過ごしました。母は寂しいけど、娘の成長をサポートしてくれる強い味方が増えたと思って前向きに。

入園に伴う準備もドドドと用意。最初からたくさん買うのもいいけど、我が家では最低数で用意してあとから買い足しで行こうと決めました。そのほうが楽しかった(私は。入園グッズ色々は別ブログで書くことにしましょう。

まとめ

娘、先生にも可愛がってくれて保育園楽しいのか家帰ってきたらすごく寝てて母は構ってくれなくて寂しい…。けど寝返りしかけたり朝ニコニコしてくれるだけでも母は嬉しいです。

寂しいけど保育園入れてよかったと思えるよう日々これから頑張って行こうと思います。

この記事を書いた人

466548

京都在住の専業主婦です。
最近はAngularのコンポーネントを作ったりイラレで画面の仕様書作ったりなお仕事です。